京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報
ロータス・エヴォーラ、遂にデビュー

LOTUS EVORA

 

クラストップレベルのドライビングダイナミクス、燃費性能、そしてわずか205g/kmという低CO2排出量
ハイパフォーマンススポーツカーの世界基準を一気に引き上げるロータス・エヴォーラ、遂にデビュー。

ロータスブランドを象徴するエリーゼが1995年に登場して以来、ロータス初のオールニューモデルとなるエヴォーラが、世界でただひとつの2+2シーターミッドシップエンジンとしてスポーツカー市場にその姿を現しました。ミッドマウントのエンジンレイアウトが類まれなる敏捷性を実現し、ロータス製サスペンションが驚異的なライド&ハンドリング性能を約束。このエヴォーラは、見事なまでにドライバーのスキルに応え、格別の走りを堪能させてくれる車です。206kW(206kW(280PS))を生み出すロータス専用の3.5リッターV6エンジンを搭載しながら、総重量わずか1350kg(プロトタイプ仕様)。ロータスのDNAを真に受け継ぎ、心躍るドライビング体験を提供する車、それがエヴォーラです。

【主な特長】

■エヴォーラの0~100km/h加速はわずか5秒強、最高速度は260km/hを超え(プロトタイプ仕様)*、欧州複合モード燃費は11.49km/l、そしてCO2排出量は205g/kmと、軽量化を通じた性能の向上という理念を守り通しています。燃費に関する他の数値もやはり際立っており、欧州基準燃費は市街地モードで8.06km/l、郊外モードで15.38km/l。これはいずれも卓越したライド&ハンドリング性能を発揮しながら記録された数値です。
■フロント18インチ、リア19インチのグリップ力
タイヤ選びは、エヴォーラも含め、ロータス車の乗り心地、ハンドリング性能、ステアリング性能を大きく左右します。ロータスがパートナーに選んだのは、ピレリP-Zeroシステムです。フロント225/40 ZR18、リア255/35 ZR19というエヴォーラ専用の特製タイヤを共同開発しました。どちらもロータス独自のカーカス構造とラバーコンパウンドから成ります。
V6エンジン ― デュアルVVT-i(インテリジェント可変バルブタイミング機構)
ロータスとトヨタの数十年にわたる密接な協力関係に加え、トヨタの4シリンダーパワーユニットをエリーゼおよびエキシージに積極的に導入した実績から、この日本の巨大企業は、当然のことながらエヴォーラのエンジンのサプライヤー候補となりました。
最終的に選ばれたのは、トヨタのデュアルVVT-i(インテリジェント可変バルブタイミング)搭載のオールアロイ製 2GR-FE 3.5リッター V6 DOHCでした。ロータスは苦労の末、このエンジン用に独自のT6eエンジンマネジメントソフトウェアを開発し、エヴォーラにとって最適となる最高出力206kW(280PS)(6400rpm時)、最大トルク342Nm(4700rpm時)を実現しました(プロトタイプ仕様)*。
エンジンマネジメントと排気システムに変更を加え、V6エンジンの回転数とスロットルレスポンスを向上しました。最大回転数までエンジンをふかさなくても、パワフルなパフォーマンスが得られるのが、このエンジンの中速トルクの強みだと開発チームはコメントしています。
こうしてエヴォーラは、日常ユースとしても十分な満足を提供しながら、走りにこだわるドライバーの期待に応える車となりました。
2GR-FE V6エンジンは、6速マニュアルギアボックスと一体になっています。これもトヨタ製です。よりスポーティな走りを求めるドライバー向けに、このギアボックスのクロスレシオバージョンもオプションとして提供する予定です。多くのロータスオーナーは、独特のパフォーマンスと効率とが両立するロータス車の魅力を楽しんでいます。「軽量化による性能と効率の向上」というロータスの理念に則り、エヴォーラはCO2排出をクラス最高レベルの205g/kmに抑え、同時に複合モード燃費を11.49km/lとすることに成功しました。燃費については、市街地モード8.06km/l、郊外モード15.38km/lとの測定結果も記録されています。
驚異の制動力
ベンチレーテッドブレーキディスクを標準搭載し、スポーツパックオプションとしてクロスドリルドブレーキディスクを用意(どちらも直径はフロント350mm、リア323mm)。ロータス専用に作られた高性能なAP Racing製4ポットキャリパーと組み合わせることで、驚くべき制動力を確かなものにしています。坂の多いニュルブルクリンクとステルビオ峠の過酷なコースで実施されるブレーキテストに関わった誰もが、熱性能に優れ、過激な走行を長時間続けた後でもパワフルなエヴォーラのブレーキを絶賛しています。そのテストプログラムには、ボッシュと共同開発したABSシステムの設定を決定するという目的もありました。ABSシステムは、パフォーマンスドライビング用に非常に高い基準点に設定され、徐々に作動するので、ドライバーはABSが機能しているのを意識することがあまりありません。エヴォーラは、油圧ブレーキアシスト(HBA)および電子制御制動力配分装置(EBD)も標準装備しています。HBAは、急ブレーキを検知し、ABSの作動点に達するまでブレーキ圧力を高めることにより、緊急時の制動距離を短縮します。
安全へのこだわり
エヴォーラには、エリーゼやその派生モデルと同じく、押し出しアルミ接合シャーシタブが使用されています。これは非常に頑強な性質のもので、特に前面と側面からの衝撃に対する強度に優れています。また、ねじれに対しても、管状のスチール製シートベルト固定フレームによって構造全体の強度が高められています。運転席と助手席にはエアバッグを標準装備。助手席エアバッグは、まず縦に開いてからフロントガラス沿いに後方に向けて展開し、大人だけでなく子供も保護できるように設計されています。
また、アンチロックブレーキとロータストラクションコントロール(LTC)が、全モデルに標準装備されています。これらのシステムはロータスとボッシュのエンジニアが共同で特別に開発したものでこれから腕を磨こうというドライバーでもエヴォーラのブレーキ性能やパフォーマンス能力を存分に引き出せるようになっています。スキルの高いスポーツカーファンなら、ロータス車を自由に駆る楽しみを存分に堪能することができるでしょう。


ロータス・エヴォーラ価格(日本仕様)
2+2シーター :車両本体価格 ¥8,925,000 (消費税込み)
2シーター   :車両本体価格 ¥8,505,000 (消費税込み)


EVORA EVORA EVORA
EVORA EVORA EVORA

写真をクリックで拡大します

 

ロータス・エヴォーラに関する詳細はLCI Limited - ロータス正規輸入総代理店のホームページをご覧ください。

2009年11月04日 - オートスキャナー
HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.