京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報


闘技場に集う猛者達!
超接近戦、開催!!

9月23日(日)、中部国際空港セントレアの臨時駐車場に特設コースが設営され、2012D1チャンピオンズinセントレアが開催された!昨年エキシビジョンとして開催された、ここセントレア特設コースだが、通常のサーキットでの開催と比較してコースも狭く、進入速度も100km程と低い!しかし、だからこそドライバーの技量がハッキリと現れ、誤魔化し効かないのだ!何より、観客席とコースが近い!ドライバーの表情も見て取れる程だ!観客に取っても、非常に楽しみな大会である!前日にはシリーズ第6戦が開催されたが、このD1チャンピオンズは過去歴代のシリーズチャンピオン、D1チャンピオンズの勝者、そして各ラウンドの勝者、海外の勝者と、文字通りのチャンピオンの戦いだ!何より自分が一番だと思っている連中の集まりだ、ヒートアップ間違い無し!

[単走] 
ラウンド1で19名のドライバーが1本ずつ走行し得点を競う、上位8名がラウンド2に進出、さらに、そこから4名が選出され最終ラウンドで単走キングが決定する。熱いバトルに水を差す、雨が早朝から会場に降り続いている中、ラウンド1が開始された。ここで素晴らしい走行を見せたのが、昨年のセントレア単走キングの上野高弘だ!他を寄せ付けぬ高得点でトップ通過!ラウンド1通過は、上野、川畑、野村、斉藤、松川、たかやま、織戸、日比野の8名!続くラウンド2、ここセントレアに絶対的な自信を持っている上野が濡れた路面を物ともせず、スピード、角度申し分無しの完璧な走りで、ナント100点を獲得!機械審査システム「DOSS」が導入され、そうそう100点など出難い筈だが、文句なしの100点!ここでも上野がもちろんトップ通過!続き、織戸、野村、川畑とお馴染みのドライバーが、決勝へと進んだ!最終ラウンド、まず川畑が素晴らしい侵入角度で魅せ高得点を獲得!続く野村も綺麗な走りを見せたが、川畑に一歩及ばず!第3走者、織戸は明らかなオーバースピードで進入、2コーナーで曲がりきれずクラッシュ!織戸らしい思い切りの良さに会場は盛り上がる!そして、やはり魅せてくれたのが絶好調の上野!安定感の有るスムーズな走りを決め、高得点!上野がパーフェクトな走りで単走チャンピオンに決定した!

[角度番長決定戦]
追走トーナメント進出の残り1枠を争う事になった角度番長決定戦!2コーナーから3コーナーまでの区間で、誰が一番角度を付けてるか?と言う戦い!雨が上がり、乾き始めた路面故にどうなるか…殆どの選手が、50度程の角度だったが、発売直前のG‘z仕様になったマークX高橋邦明が、60度近い角度でトップに!しかし、後半、軽量のTOYOTA86を駆る日比野が、それを上回りトップへ!最終走者、斉藤が振り返しから、トンでもない角度に…スピンかと思われたが、ハイパワーを生かし踏みきって走りきる!見事に優勝だ!斉藤は、追走トーナメント進出が決定済みの為、2位の日比野が追走に進んだ!

[ドリフト障害物競走]
追走トーナメントの組み合わせを決める障害物競走、コースに配置されたパイロンをドリフトで旋回し、最後にスポッターの持つパンを取ってゴールすると言う競技。ここでも、最速タイムをだしたのが角度番長の斉藤!他を寄せ付けぬタイムで優勝!スポッターに裏切られ、最下位となった谷口との追走が決定した!

[チャンピオンズ追走トーナメント]
斉藤VS谷口は斉藤の勝ち!上野VS佐久間は佐久間!古口VS川畑は川畑のミスで古口!今村VS日比野は今村が勝ち、ベスト4が出揃う!斉藤VS佐久間は2本目に後追い斉藤が佐久間のインにきっちり入り勝利!古口VS今村も2本目に古口が今村のインに入って勝利!決勝は、斉藤VS古口で行われた!1本目、先行の斉藤が逃げる、後追い古口は懸命に追うも入りきれず、アドバンテージは取れない2本目、後追いの斉藤が2コーナーで失速!ドリフトが戻ってしまい、万事休す!古口が、追走トーナメントを制した!
2012年11月05日 - オートスキャナー

HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.