京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報


in FUJI speedway

ルマン勝者 アンドレ・ロッテラー逆転勝利!
トムスが1、2フィニッシュ!!

予選
ウェット宣言された予選だが、雨足は弱まり路面はほとんど濡れていない。各車ドライタイヤでノックアウト方式予選のQ1へアタック開始!Q1は#1 ロッテラー、#2 中嶋と好調トムス勢が1、2!続くQ2が10分間のインターバルを挟み開始。完全に雨が上がり、路面もドライに。ここでQ1トップのロッテラーが全くタイムが伸びず9番手でQ2敗退。Q2トップは#19 J・P・オリベイラ。#2 中嶋がこれに続く。さらに10分間のインターバルの後、開始されたQ3。PM3:03 ピットレーンがオープンされると各車ドライタイヤでコースイン。しかしこの直前から雨が降り始め、コースはウェットに!!特にセクター3の路面がハードウェットになり各車タイムアタックがままならない。そんな中、真っ先にコースインした#2中嶋がコース前半区間をドライ路面で走れた為、トップタイムをマーク。2番手に2秒の差でフォーミュラニッポン初ポールをGETした。

決勝
この日も朝から雨が降ったり止んだりとハッキリしない天気になった。ウェット宣言がなされたレースだが、全車グリッドについた時点では路面はドライ。#3安田を除き、全車がスリックを選択。しかしフォーメーションラップがスタートすると雨が降り始める。スタートで好ダッシュを決めたのが、2番手スタートの#7大嶋。#2中嶋をかわしてホールショットを決め、1コーナーへ飛び込んでいく。ここでロケットスタートを決めたのが予選8番手の#1ロッテラー!あっという間に4番手へ浮上。その後#7大嶋、#2中嶋、#19J・P・オリベイラ、#1ロッテラーと続き一進一退のレースが続く。レース折り返しの25周あたりから雨足が強まり、特にセクター3では水しぶきが上がる程のウェット状態。ここでピットインの際に給油と共にレインタイヤにかえるドライバーもあったがトップグループはドライタイヤのままレースを続ける。レースが残り15周となった頃、トップグループがようやくピットイン。2番手走行中の#2中嶋はタイヤ交換はせず給油のみでピットアウト。トップの#7大嶋が翌周にピットイン。同じく給油のみでピットアウトするが、ここでピットロードスピードリミッターが解除出来ずにタイムロス。#2中嶋の先行を許してしまう。その#7大嶋に追撃を開始したのが#1ロッテラー。またしても強くなった雨の中、格の違いを見せつけるかの様に#7大嶋をプッシュ!49周目の1コーナーで大嶋がついにオーバーラン!ロッテラーはすかさずインをつき2番手浮上。ロッテラーの勢いは止まらず、さらにプッシュを続けトップの中嶋に迫る。52周目ロッテラーはトップ中嶋に追いつき、テールトゥノーズ、ダンロップコーナーで中嶋がブレーキングミス。両車の差がさらにつまる。続く13コーナーで中嶋のインに飛び込んだロッテラーが逆転!そのままロッテラーが逃げきり、予選8番手から劇的な勝利に今季2勝目を挙げた。
2012年08月01日 - オートスキャナー

HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.