京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報


Audi R8 LMS、大会新記録をたたき出し圧勝!!

7月24日(日)、富士スピードウェイにてスーパー耐久シリーズ第2戦『SUPER TEC』の決勝レースが開催された。空を雲が覆った天気となったが、ドライコンディションのレースとなった。ST-Xクラスでは、今回もAudi R8 LMSが圧的な速さを見せつけ、大会記録となる132周を走り快勝した。ST-1クラスでは2台のPETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPEが同チームでトップ争いを繰り広げる。前に出たのは#1 ドミニク・アン。その後、谷口信輝に交代するもリードを守り抜き、ST-1クラスの記録となる130周をマークし、勝利。ST-2クラスでは予選クラストップだったエンドレス・アドバン・コルトスピードXが終盤エンジントラブルにより無念のリタイア。これによりトップに踊り出たRSオガワADVANランサーがそのままゴールとなった。ST-3クラスでは予選より快走を見せていた岡部自動車マイロード協新計測RX-7がトップだったがラスト12分を残したところで黄旗中の追い越しにより10秒ストップのペナルティとなり、前に出た岡部自動車ディクセルTeam Tetsuya Zがそのままま初優勝を勝ち取った。ST-4クラスでは#38 TRACY SPORTS S2000がトップに立つもタイヤトラブルによりリタイア。これによりホンダカーズ東京G/Mインテグラが嬉しい今季初優勝を飾る。ST-5クラスではデビュー戦となるBRP☆HYPER ECU C72制動屋FFC J’SフィットRSが圧勝で嬉しいデビューウィンを果たした。
2011年08月22日 - オートスキャナー

HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.