京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報
[イベント情報]
9月11日鈴鹿Mini-Moto 4時間耐久ロードレース

minomoto4

2011 鈴鹿Mini-Moto 4時間耐久ロードレース Mini-Moto STクラス

2011年9月11日に鈴鹿サーキットにて【2011 鈴鹿Mini-Moto 4時間耐久ロードレース Mini-Moto STクラス】が開催された。
今年も昨年に引き続き編集部スタッフが友人でもある#39 IppeiRacing & 鉄馬疾走競技倶楽部 チームスタッフとして参加した。人気のミニモトを裏側から取材してみた。

鈴鹿Mini-Moto 4耐とは‥
プロフェッショナル・ライダーによって感動のドラマが生み出される鈴鹿8時間耐久ロードレース。でも、観ているばかりではなく、その熱戦が繰り広げられ るサーキットで、もっと手軽な形で耐久レースを味わいたい…というライダーのアツイ要望によって誕生したのが鈴鹿Mini-Moto 4耐だ(鈴鹿サーキットHPより抜粋)

と、みんなで楽しめるミニモト4耐はレースとしてはお手頃な資金で楽しめ、ホンダのAPE&XR(100cc)とカワサキのKSR(110cc)の2クラスがあり、老若男女色々な人が参加している。

#54 IppeiRacing & 鉄馬疾走競技倶楽部は昨年はKSRクラスで2位表彰台と素晴らしい結果を残し、今年は更に上を目指すということで100ccだが110ccのKSRよりもポテンシャルの高いAPEへとスイッチし、APE&XRクラスで参戦することになった。
今年は57台と昨年より少なかったものの、昨年のチャンピオンチームの一員でもある榊原を擁する#111 ジェイソンズ&kurodaya&BW など昨年の上位勢も参加して熱いレースが展開されることが予想された。

9月11日レース当日、天気予報ではそれほど悪くなかったのだが早朝からレース開催さえ危ぶまれるほどの激しい雨が降りだした。 レースが開催されたとしてもこのままだと大変なレースになるなと不安になりながらもサーキットに到着すると、徐々に雨は止んで晴れて行き、予選が始まる頃には路面もほぼドライと、レース日和にとなった。

予選

予選は雨の影響でスケジュールが多少変わったものの通常通りスタート。予選トップは#24 SPEED SHOP FUSE 鴻池冬伊、つづいて予選2位に#2 ベリアルサービス&2りんかん 福井宏至 、予選3位に#14 JOSHO1 HYPER RACING 藤永優が入り、#54 IppeiRacing & 鉄馬疾走競技倶楽部は小川がスタート直後のトラブルでたった1周しかタイムアタック出来なかったものの48位につけた。

決勝

決勝は雨がウソの様に晴れ、気温も路面もレースに最高のコンディションに。#54 IppeiRacing & 鉄馬疾走競技倶楽部もトラブルを解消し万全の体制でスタート出来る事になった。そして、いよいよ決勝スタート。8耐と同じルマン式のスタートでライダーがバイクの向かい側に立ち、スタートとともに走り出しバイクに飛び乗りスタート。バイクにスピード差が無いため集団で1コーナーに全車飛び込んできて、2コーナーを駆け抜け坂を上って行く。2周、3周と経つにつれグループが別れだし、#54 IppeiRacing & 鉄馬疾走競技倶楽部の第一ライダーの小川は見事なスタートでジャンプアップし、一気に中段グループへ順位を上げていった。その後、堀井へとライダーをチェンジしトラブル無く無事に走りきり、小川にチェンジ。小川が周回遅れとなっていたが、上位の速いライダーと同タイムで走りグイグイ順位を上げ一時は20番台前半にまでなっていた。その後堀井へチェンジし順位は多少落ちたものの、スタート時より20位近く順位を上げ走っていたのだが、シケインで先頭集団に抜かされる際に接触転倒し、ピットイン。幸いダメージも少なくメカニックの手際の良い修復作業でコースへと復帰出来た。その後は、無事走りぬき43位でフィニッシュ。予選時から色々あったものの見事完走を果たした。
上位は序盤から激しいバトルを繰り返し、めまぐるしく順位が変わる中、最終ラップになっても昨年と同じく#111ジェイソンズカスタムワークスと#14 JOSHO1 HYPER RACINGの2台がシケインを過ぎ最終コーナーを過ぎてもどちらがトップでチェッカーを受けるか分からない程の激しい駆け引きを繰り返し、,004秒差という僅差で#111ジェイソンズカスタムワークスがチェッカーを受けた。

今年もミニモト4耐は激しいバトルの末幕を閉じた。僅か,004秒差という差で優勝を争った上位2台はもちろんだが、完走した53台全てが4時間という長いレースを満喫しただろう。このミニモト4耐は優勝することが全てでは無く、チームワークで4時間を走りぬくという事が大事なのかもしれない。去年より今年、今年の順位が悪ければ来年と、少しでも順位を上げることも大事だが、一年一年友情も深めていくこともミニモト4耐の醍醐味かもしれない。
ミニモト4耐をはじめ原付などのレースも各地のミニサーキットで開催されているので、バイク好きは友達を誘って参加してみよう

画像はこちら→フォトギャラリーへ


鈴鹿ミニモト4耐について詳しくはコチラ→http://www.suzukacircuit.jp/mini-moto/


写真をクリックで拡大します

2011年09月20日 - オートスキャナー
開 催 場 所

HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.