京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報
[イベント情報]
8月27日28日 Netz Cup Vitz Race 2011 関西シリーズ 第4戦

vitz

堂々ポールトゥフィニッシュ!!北川選手、今季初優勝!!

2011年8月27日・28日、夏の日差しが照り付ける岡山国際サーキットでは、ネッツカップヴィッツレース関西シリーズ第4戦が開催された。関西シリーズの折り返し地点となるため、このレースがシリーズランキングにとっても重要な一戦となる。 今回も「ヤサカレーシングチーム」からは、#16オートスキャナー号の北川選手が参戦。前戦の鈴鹿サーキットでは3位表彰台を獲得しただけに、波に乗りたいところ。また、#18号車には急成長をみせる和田亜里沙選手、#99号車には3年ぶりに岡山のレースとなるみなぴよ選手、そして#50号車には初ヴィッツレースとなる林選手が参戦。今大会では、スーパー耐久レースが同時併催となるため、路面状況(多数マシンが走ることで、サーキット場の路面グリップ変化する)に対応するのがタイムアップのキーポイントだ。

予選

サーキット上空には青空が広がるものの、所々に雨雲の気配があり、何時になく雨が降りそうな天候の中、am10:00予選15分間がスタートする。今回の岡山では33台のヴィッツレーサーがエントリー。予選開始に備え、ピットロードでは長蛇の列が出来る。 今回もまた#16北川選手は、ピットしばし様子を見る作戦。1発アタックに備える。 予選開始早々に、現在の関西ポイントランキングトップの#38神谷選手がトップタイム2’02.857をマークする。しかし、#338水谷選手もすぐさま僅差でトップタイムを更新。そして、開始から5分後ようやく#16北川選手がコースイン。1周目になんと2’02.406でトップに踊り出る。その後、2周を終えたところでピットに戻り予選終了を待つ。結果、初ポールポジションとなる#16北川選手が先頭、2番手には#338水谷選手、3番手には神谷選手とランキング上位者がひしめき合う予選となった。#18和田選手は14番手、#99みなぴよ選手は18番手、#50林選手は25番手からのスタートとなった。

決勝

am9:30~。この時間にはすでに太陽も熱く照り付け、気温と共にサーキットの路面温度も上昇させる。ポールポジションからスタートする、我らオートスキャナー号の#16北川選手を先頭に3.703kmをゆっくりとフォーメーションラップに入り、各車キレイな隊列で各グリッドへと到着。この時が、ドライバーにとって緊張が高まる瞬間であろう。そして、グリーンフラッグが振られ、エンジン音が高鳴り、レッドシグナル点灯・・・・・ブラックアウト、スタート!!! 各車きれいなスタートを決め、そのままの順位で1コーナーへ。続くバックストレートでは、#16北川選手の背後に#338水谷選手がスリップストリームから抜け出し、並びかけるも抜くまでに至らず、1周目は#16北川選手、#338水谷選手、#38神谷選手とつづく。
2周目には、トップ3が抜け出し2番手に#338水谷選手がアトウッドコーナーでしかけるも、#16北川選手がうまく防ぎ、バックストレートでは3台の接近戦となる。3周目からトップの#16北川選手が徐々に差を広げ始め、代わって6番手スタートの#93橋本選手が順位を上げ、2番手集団に混ざり3番手に浮上。6周目には、周回遅れのマシンがでてきたこともあり、気がつけば2番手グループは7台ものマシンが順位を入れ替える展開となる。2番手の#338水谷vs#38神谷が緊迫したバトルを繰り広げ、そしてラストラップ。#16北川選手は2位以下を大きくリードしながら逃げる。2番手~8番手まで、ほとんどタイム差がないまま接戦を繰り広げ、結果、今季初優勝の#16北川選手、2位には攻防を耐え抜いた#338水谷選手、3位には#38神谷選手となった。
#18和田選手は12位、#99みなぴよ選手は15位、#50林選手は26位という結果。これで関西シリーズランキングも混戦となり#38神谷選手が51p、#16北川選手が36p、#133林選手が32p、#338水谷選手が30p、この4人にチャンピオンの可能性が残されている。次戦関西シリーズ最終戦、鈴鹿ラウンドが熱くなりそうだ。



■#16北川晃選手レースコメント
練習日から調子も良く、予選もうまく決まりポールポジションを獲得できました。決勝では、最初の2周が肝心と予想したとおり、3周目以降は少しずつ2位以下を離すことが出来た。ようやく今季初優勝でシリーズランキングも2位へと浮上し、最終戦(鈴鹿)で逆転のチャンピオンを狙います。ご協力して下さった皆様、ありがとうございました。
■#18和田亜里沙選手レースコメント
前日の練習走行では良い感触を掴むものの、予選で発揮できず14位。決勝は今年のレースの中で一番良いスタートができ順位を上げましたが、その後、自らのミスで順位を落としてしまった。残りのレースはしっかり結果をだしていきたいです。これからも応援の程、よろしくお願い致します。
■#99 みなぴよ選手レースコメント
3年ぶりに挑んだ岡山国際サーキットでのレース。予選では自己ベストタイムを大幅更新して18位。決勝では無難にスタートを決め、1周目で3台抜かし、その後も前の集団についていき結果、15位と目標を達成できた。とても勉強になり、楽しく走ることができた。この調子で来週の富士も頑張りたいと思います。



写真をクリックで拡大します

2011年09月20日 - オートスキャナー
開 催 場 所

HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.