京都,滋賀,中古車,中古バイク,パーツ,検索サイト

京都・滋賀|中古車・中古バイク検索サイト  
 
HOME中古車情報検索パーツ情報検索バイク情報タウン情報
[イベント情報]
7月9日- 7月10日 Netz Cup Vitz Race 2011 関西シリーズ 第3戦

vitz

蓬田選手、僅差で見事初優勝!!

2011年7月9日・10日、真夏の日差しが照りつける鈴鹿サーキット。ネッツカップヴィッツレース関西シリーズ第3戦が開催された。前戦、岡山国際サーキットの大雨とは打って変わり、灼熱の太陽がサーキットを照りつける。 今季、関東・関西の初戦を不本意な結果が続く、#16北川晃選手(オートスキャナーNヤサカSRFクムホVitz)。ここ第3戦の鈴鹿で本領発揮となるのか。ネッツトヨタヤサカ・ヤサカレーシングからは、#16北川選手と急成長をみせる#18和田選手、人気タレントドライバー#50黒岩選手にヴィッツレース界の主こと、#93橋本選手。更に関東からの遠征レースとなる#99みなぴよ選手。今回が人生初レースの#51原口選手。このバラエティーに富んだ計6台でこの激戦区、鈴鹿ラウンドに挑む。

予選

Pm15:05。灼熱の太陽は容赦なくサーキットを照りつけ、路面温度をぐんぐんと上げる。マシン・タイヤ、そしてドライバーにも厳しくなる条件の中、20分間の予選がスタートする。グリーンフラッグと共に各車コースイン。数台はこの暑さのためか、ピット上で様子を見る。#16オートスキャナー号の北川選手も作戦通りにピット上でしばし待機。しばらくしてコースに入る。その様子を見てか、他のマシンも続々とコースイン。流石にこの季節ともなれば、タイヤの温まりも早く、1周目からタイムアタック。「風も少し吹き始めていたので、他の間合いを見て1周アタックしました。」という、北川選手はその周の2番手タイムとなる。すぐさま、予選アタックを終了し、ピットに戻り他車の予選の状況を見守る。決勝に向け、温存作戦か。 この暑さもあり、各車タイムアップが見られないまま順位確定かと思われた終了間際、開幕戦の優勝者#38神谷選手が8番手から一気にトップタイムをマーク。2番手には#3三谷選手、3番手には#133林選手、4番手に0.035秒差に#16北川選手が続いた。3位~9位グリッドまで、わずか0.2に7台がひしめく混戦予選となった。 15位に#93橋本選手、18位に#18和田選手、28位に#50黒岩選手、29位に#99みなぴよ選手、32位に#51原口選手という予選結果となった。

決勝

am9:30~。前日の予選よりも時より雲が影をつくる空模様。相変わらず気温は高く、各ドライバーの体力・集中力を奪っていく。全車45台ものヴィッツがグリッドに並び、レッドシグナルが点灯・・・・・エンジン音が高鳴りスタート! 各車キレイなスタート!・番手スタートの#3三谷選手は#38神谷選手を1コーナーで抜きトップに立つ。4番手スタートの#16オートスキャナー号北川選手は、無難なスタートで前車について行くも、後方2台のマシンがロケットスタートを決め、6番手に後退。しかし、すぐさまS字コーナーでサイド・バイ・サイドのバトルの末、5位浮上。続くシケインでアウト側から4位に戻る。1周目は#3三谷選手、#38神谷選手、#133林選手の順位でオープニングラップを通過。2周目のシケインで#16北川選手が3位浮上。ここから、トップ3台のバトルが始まる。トップを走るマシンより、2番手・3番手のラップタイムが良く、幾度となく攻め続ける展開。そして、残り2周。2番手の#38神谷選手がシケインをアウト側から並びかけ、ブレーキングで勝負する。接触ギリギリの末、少しバランスを崩し、#3三谷選手が逃げる。最終ラップの最終コーナーを立ち上がったのは後ろからの攻めを防ぎきった、#3三谷選手。2位には#38神谷選手。3位にはオートスキャナー号の#16北川選手という結果に終わった。7台を抜いた#93橋本選手が8位。混戦に巻き込まれた#18和田選手が19位、26位に#99みなぴよ選手、27位に#51原口選手、マシントラブルを抱えた#50黒岩選手は38位という結果に終わった。 これで関西シリーズ2戦を終了した時点で、#38神谷選手が37ポイントと抜け出した。2位には26ポイントで#3三谷選手、3位に22ポイント#133林選手、そして4位に15ポイントで#16北川選手と#362水谷選手。前半戦を終わった段階でランキングがひしめく展開となった。


■#16北川晃選手のコメント
前2戦では、なかなか波に乗れず結果に繋がらなかったので、今回の鈴鹿レースでは上位でゴールすることに集中した。レース中は思ったよりも気温が高く、マシン・タイヤを気遣いトップを狙ったが抜くまでに至らなかった。3位になれたことは嬉しく思うが、この結果に満足せず、残りのレースも結果を出したいです。ご協力して頂いた皆様、ありがとうございます。引き続きよろしくお願い申しあげます。

■#50黒岩選手レースコメント
今回のレースは、一言でいうと「不完全燃焼」ですかね。予選は、ペースを作れないまま終了。タイヤ温存しようと思い、最後の一周前に終了。真ん中くらいと思いきや、28番手。決勝は抜きまくっていこうと、開き直って決勝をむかえ、得意のロケットスタートも決まり、2コーナーまでに5台くらいを抜きダンロップで前を走行していた、車のアクシデントもうまく避け、ガンガン抜くぞと気合を入れ、ヘアピン侵入でインが空いたので差し込んで入ったら、前車が、思い切りかぶせてきてクラッシュ!!相手はドアエリアがへこみ、僕のマシンは、右フロントがへこむ。この時点で、左にステアリングを切ると、タイヤが当たってしまい、まともに走れず、淡々と走るのみ、、、、挙句の果てに、ラスト1周でシフトミスによるオーバーレブで、失速、、、順位は10番下げ、38位。心にも、お財布にも痛いレースでした!!次回の9月の鈴鹿で、必ずリベンジします!

■#99みなぴよ選手のコメント
久しぶりのレースとなる鈴鹿では、まず慣れることから始まりました。いろいろとアドバイスを受けた結果、予選ではベストラップを更新して29位で予選通過を果たしました。決勝こそスタートをミスしてしまいましたが、アドバイスを思い出しながら走り、26位フィニッシュ。今回は目標の順位でゴール出来たので、この調子で次戦も良い結果を残せるように頑張ります。

■#99みなぴよ選手のコメント
今回のレースは、路面状況に走りを 合わせていけず苦戦してしまいました!!決勝は、スタートして手応えが有りましたが、軽い接触で、ポジションを落としてしまい結果19位!手応えが有っただけに、非常に悔しいです!!次戦では、悔いの残らない走りが 出来るように、頑張ります!

写真をクリックで拡大します

2011年08月22日 - オートスキャナー
開 催 場 所

HOMEタウン情報会社概要お問い合わせサイトマップ掲載店様ログイン
Copyright © 2009 AD SCANNER All Rights Reserved.